※毎年1月〜3月までは、デンタルケアキャンペーン期間!
歯に関する相談・健康診断は無料で行っています。
又、この期間中に歯石除去(要予約)を行った方に、デンタルケアグッズをプレゼント♪

 歯石除去とは?
  • 内容としては、ワンちゃん・ネコちゃんを麻酔で眠らせた状態で、超音波スケーラーという機械を使って
    頑固にこびりついている歯石を取り除いてしまうというもの。
    眠っている状態での作業なので、ワンちゃん・ネコちゃんたちに苦痛は伴いません。
    基本的に、朝お預かりして午後の診察時間にお返しの日帰りプランです。
    ※予約制になります。詳しくはスタッフまで。

 要注意!
  • ・ 口臭がひどい
    ・ 食欲がなくなったり、食べづらそう(噛みづらそう)になった気がする
    ・ 口を触られるのを極端に嫌がる
    ・ 歯茎が赤い・炎症がある
    ↑お家のワンちゃん・ネコちゃんは、上記のことが当てはまりますか?

    歯垢や歯石は、細菌によって作られています。
    そのまま放っておくと、歯肉炎などにより歯を失ってしまったり、
    細菌が消化器系で吸収され血液に乗って、
    最終的には心臓・肝臓・腎臓などにまでダメージを与えてしまうのです。

    歯石除去をした後も、そのまま放っておいてはまた歯石が付いてしまいます。
    歯石除去後、いかに歯石を増やさないか、お家でのお手入れがもっとも重要なんです。

 日ごろのケアが大切です
  • 小さい頃から口を触らせることに慣れさせておくと、歯のお手入れも楽になります。

    最初は、リラックスした状態で、頭や頬を撫でるついでに、お口の周りを触ります。
    触れる時間も、初めは数秒。徐々に延ばしていきましょう。

    お口に触ることに慣れてきたら、今度は指で歯茎を優しくマッサージしてみましょう。
    この時、ピーナッツ・バター等の美味しいものを指に塗っておくと良いですね。
    できれば塩分の含まれていないものが理想です。

    それになれたら、今度は指に濡らしたガーゼを巻いて、優しくマッサージ。
    中型・大型犬は、ガーゼの代わりに軍手でも良いでしょう。
    この時、ガーゼや軍手が乾いたままだと、歯茎を傷つけてしまいますので注意して下さい。
    ゴシゴシこすらなくていいんです。やさ〜しく、やさ〜しく。

    最終的に歯ブラシを使ってできるようになるとベストです。


歯石が付いた状態の歯。
黄色いのわかります?
2〜3ヶ月歯磨きををサボって
このくらい付きます。
何年も放っておいたら、
これの倍以上付きますよね。
歯石になってしまうと、
歯ブラシじゃ取れませんよ〜。

スケーラーで歯石除去しました。
左の写真と違いますね。
これで口臭も減りますし、
歯の寿命も延びます。
人間と同じで、ワンちゃんも
ネコちゃんも、歯が命!!


※ちなみにこれは、スタッフが自分の犬の歯を「ハンドスケーラー」で歯石除去したものです。



ワンちゃん・ネコちゃんに、なるべく「歯のお手入れ=嫌なこと」と感じないようにしてあげてください。
ワンちゃん・ネコちゃん用の歯磨きペーストは、おいしい味付けがしてあるので、それを使用するのもテですね。
お手入れが済んだら、ご褒美を与えるのも効果的です。
この時に、歯の健康に配慮したおやつを与えられるといいですね